お問合せ

0512-57205691

業界ニュース

あなたの現在の場所: 首页 > ニュースセンター > 業界ニュース > 粉末冶金製品の浸潰過程はどのように行われるか?

粉末冶金製品の浸潰過程はどのように行われるか?

時間:2017年11月07日 ビュー数: ニュースソース:蘇州賽特鋭精密機械配件有限公司

粉末冶金製品は複数技術からなり、その中でも多孔質耐摩耗性油製品が非常に重要であり、これは粉末冶金製品の耐食性、耐摩耗性を高め、使用寿命を延ばしてくれます。したがって、多孔質耐摩耗性油に対する理解を深めなければなりません。

メカニズムは、鉄系油軸受の焼結後に油浸処理を行い、潤滑油を粉末冶金製品の気孔に含浸させます。軸受が回転する際、動摩擦熱が起こり、軸受は昇温し、オイルタンクが熱膨張し、気孔の中から軸と軸スリーブへ自動給油され、油膜が形成されて潤滑し、摩擦が減少します。この種の一般的な浸油と真空浸漬は油と給油分支回路における方法です。

1.一般浸漬

焼結製品を洗浄したら油浸します。毛細管現象により、油が製品の気孔に入り込みます。浸漬時間の方法は、浸漬効率が低い場合は通常、数時間必要となります。油製品の速度が高くないものに適します。

2.真空吸油

真空ボックス内で焼結した洗浄製品を整えます。密封時間は720 mm Hgです。その後、真空ボックス内に油を加え、摂氏80度まで加熱し、20分~30分続けます。空気中で気孔を繋げる製品が抽出されるため、製品内の油はおそらく10分以内です。

真空浸漬は製品を真空ボックス内の空気中に置いて、それから予熱油を真空ボックスに入れ、製品を覆い、その後、大気と真空ボックスを繋げ、油を素早く製品に浸透させても良いです。この方法は浸漬効率が高く、スピードも速いです。

3.加熱油

焼結製品の洗浄は一時間以内に80度~100度の加熱油を浸漬します。製品が加熱されるため、気孔中の空気が膨張し、一部の空気が排除されます。冷却後、空気の残った部分が収縮し、油が気孔に吸収されます。油は優れた流動性、高潤滑性を有するため、おそらくより多くの油が製品内に浸透すると考えられます。



【リストを返す】

前のニュース: 暂无上一篇

次のニュース: 粉末射出成形の優位性

リンク : 珍島集団

住所:昆山市周庄鎮園区路198号    電話番号:0512-57205691

Eメール:qiwanzhang@str-pim.com   

すべての権利を保有©:蘇州賽特鋭精密機械配件有限公司   蘇ICP備17034912号-1